HAY0930 旅

過去の旅行記を載せていこうかなと

2016年3月6日 サンチアゴ到着からイキケまで【ウユニ塩湖ひとり旅】

サンチアゴ到着から

 

サンチアゴ空港に到着

 

到着した瞬間、早速悪いお兄さんにつかまった(主観的な意見)

 

事の発端はこうだ

 

トランジットなので空港を出るはずがないが、そのまま入国審査受けたらEXITへ

 

タクシーの客待ちがびっしりいてびびった

 

とりあえず違う道を発見しそっちから進もうとした瞬間

 

そこに悪いお兄さんと悪いおじさんがいた(あくまで主観的な意見)

 

May I help you?と話しかけてくれたがなんか怪しい

 

とりあえずIDっぽいのを持っていたので大丈夫かなとチェックインの場所教えてと言ってみた

 

すると悪いお兄さんが案内してくれると(この時おじさんが終わったらチップなとは言っていた)

 

この悪いお兄さん、一見するとイケメン

 

原宿で歩けば10人の女性が10人とも振り返るんじゃないかってくらいイケメン

 

彼は無事にLAN航空のAuto Check in機の前まで案内してくれて

 

さらに標記がスペイン語だったので教えてあげるよ〜と

 

さあここで問題が発生だ!

 

僕のパスポート番号をいれても有効じゃないの一点張り(機械が)

 

お兄さんも何回も入れてくれるが結果は同じ

 

とりあえずLAN航空のスタッフに聞くわってことでもういいよといったので

 

とりあえずチップとして5ドル渡した

 

お兄さん「は?これだけ?荷物運んだろ?場所教えたろ?これじゃ1ペソしかねえぜ?」

 

でました

 

え?え?って困惑する自分

 

ちらっと財布を覗いてみると$20が。。。

 

お兄さん「おーう!$20嬉しいね!そらなら5ペソだ!」

 

知らんがな

 

ってか$20って高すぎんじゃねえか!って思ってNoと言ったがまた「は?ッて言われた」

 

No No No!!

 

って言いつづけたらオッケっていって足早に立ち去っていった

 

$5。。。勉強代として考えておこう

 

いや、ちゃんと場所教えてくれたしその分のチップだよ?(震え声)

 

話しかけてくれる外国人(特に空港内)は安易に頼んじゃダメだ。。。

 

ぼったくられる。。。。

 

てかパスポート番号バレた!!これってまずいの??

 

詳しい人教えて(泣)

 

ここで心臓バクバクな林さん、我に返ると状況は実はさして変わっていない

 

そう、チケットがないのだ

 

自分でも同じように機械に押してみたが結果は同じ

 

焦る。。。。ここまできてサンティアゴに立ち往生してしまうのか。。。?

 

f:id:HAY0930:20170714003931j:plain

 

状況が状況なだけに流石に泣きたくなってきた。。。

 

と、とりあえず防犯上リュックは前持ちにしようと持ちかえる(状況変わらない)

 

そうだ!電光掲示板のフライト時間を観て、これに乗りたいって誰かに言えばいいんだ!

 

電光掲示板へ走る

 

だが、そこには12時15分発のIQQ行きの路線はない

 

もうだめ、気絶しそう

 

Information counterへ走る

 

とりあえず日本語だけどe-ticketの紙を見せて、この便に乗りたいんだ!って言ってみる

 

話しかけてくれたお姉さんはめっちゃ可愛かったがそれどころではない

 

すると彼女は荷物預け場所の80番行ってくださいね〜と一言

 

まじで?あれチケットないとダメなんじゃないの?

 

と思って行こうとして、他のLAN航空のスタッフにも聞いたら同じことを言われた

 

半信半疑、荷物預け場所へ

 

するとスタッフの姉ちゃんが怪訝そうにe-ticketを見始める

 

Connecting?(トランジット?)と聞かれYesと答えたら、おお!ッて言われた

 

またノリノリで調べ始める

 

途中、中国人家族と一緒にされそうだったがようやく、、、

 

チケットゲットおおおおお!!!うおおおお!涙でそおおおお!!!!

 

くっはあああ!あるよ!書いてあるよ!12時15分って

 

急いで荷物検査を受け、電光掲示板を見て26番ゲートへ走る!

 

うおおおお!書いてねええ!けど前のフライト情報っぽいのでしばらく休むことに

 

ここに来てようやく安堵

 

落ち着いたのかようやくサンディアゴの空港をゆっくり見れるように

 

よく見ると姉ちゃん方がかわいい!

 

カップルいちゃいちゃしすぎ!

 

スタバがある!なんか綺麗だw

 

ここでゆっくりブログの原稿を書いていた時にまたふと不安が

 

このままラパスに行っても到着した時点でぼられたら。。。

 

そしてぼられるならましで、カツアゲでもされようものなら。。。

 

視線の先にはぎりぎりまで避けていた貴重品袋(お腹に巻くタイプ)

 

ここは安全上分けておくか。。。

 

トイレの個室に行きいそいそと装着

 

カード類と細かいお金を色々分けてしまっておいた

 

これで一安心かとおもいきや

 

今度は出発ゲートが11時半になっても開かない。。。

 

こ、これは出発が遅延する可能性があるのではないか?

 

5分、10分と時間がすぎるにつれ冷や汗をかいていく自分

 

なぜこんなに焦っているかというと実はあともう一回トランジットを残しているからだ

 

そのトランジット時間わずか1時間15分

 

入国審査も含めたらぎりぎりやんけ

 

expediaさんふざけた旅程を組みやがる。。。

 

焦り始めていたその時!!!

 

奇跡は起こる!!!(起こってない)

 

なんと掲示板をよく見ると本日の最終目的地のラパスと書いてあるではないか!

 

そしてイキケ(トランジットする空港)経由でラパスと!!

 

うお!まじか!この飛行機はイキケ着いたらそのままラパス飛ぶのか!?

 

これは初見殺しすぎるwww

 

よく見たらチケットもラパス行きになってるwww

 

なるほどwこれが受付の姉ちゃんを困惑させていた理由だなw

 

必死にイキケ行きたいって行ってたからw

 

いや、これで一安心

 

ここで人生で初めて空港に降り立ってからの階段で飛行機に乗り込むやつやってみた

 

f:id:HAY0930:20170714004001j:plain

 

あの、大統領とかが飛行機から降りてくるイメージのあれ

 

いや、ほんとここは外国か!って思ったね←外国です

 

乗り込んでみたら右窓側の通路側

 

隣にはとにかくアミーゴなカップル

 

いちゃいちゃしすぎやで

 

機内食はお菓子とコーヒーでお菓子はシリアルのスティックのが美味しかった

 

みんな携帯電話を無視してつかってて面白い

 

というわけで無事にどーんとイキケに到着!

 

したはいいけど、あれ?右の窓見て砂漠、左の窓見て砂漠。。。

 

え?トランジットにしては何もない空港だぞ?

 

そして放送を聞き逃したのだがとりあえず全員外に出るっぽい

 

外に出て空港内の階段を降りるとそこは出口

 

相変わらずタクシーの客引きが半端ない

 

なんとなく違和感を覚える

 

あれ?ここはボリビアじゃないの?チリ?あれ?←結果チリ

 

入国審査なくね?って思ったけどここはチリだったのねw

 

でもほとんどの客がここはトランジットとして使ってるっぽい

 

なんでLAN航空はここに止まったんだ。。。

 

てくてく歩いて行くと入国審査的なサムシングがあった

 

いざ自分の番になってスペイン語で話しかける

 

自分「English, please?」南米のおねえちゃん「No~」(微笑みとともに)

 

な、なんだと!?英語が通じない。。。だと!?

 

そしてそこからスペイン語で質問されるが全然わからね

 

ジェスチャーでどこから来たの?がわかりサンティアゴからと答えた

 

そのあとESTA申請は?ねえ?持ってないの?的なニュアンスで迫られる

 

ESTAなんてアメリカでやったやつだぞ?とりあえず日本語だけど見せる

 

一目でちげーよって言われる

 

と、パスポートバッグの中にはESTA申請のもう一つの紙っ切れが!

 

チリに入国した際にもらったっぽくて覚えてない

 

捨ててなくてよかった

 

それを取り出した瞬間、南米の姉ちゃんが「ナイス!」って素敵な笑顔で言ってくれた

 

その後すぐに終了

 

しばし待って最後のトランジットでラパスへ向かいます

 

相変わらず隣のカップルはイチャイチャしすぎて、彼氏の腕が僕の肘掛けのところまでぐいぐいかかってます